JAXA宇宙科学研究所 2020年度共同利用に共同研究2件が採択

JAXA宇宙科学研究所 2020年度スペースチェンバー共同利用に「 磁気プラズマセイル推力の地上評価実験」に引き続き共同研究2件が採択されました。

  • 軌道上で観測された小惑星探査機「はやぶさ2」におけるイオンスラスタ作動に伴う表面材料損耗現象の解明 研究代表者:村中崇信(中京大学)
  • 宇宙機用大電力プラズマ推進機の推進特性に関する実験 研究代表者:大塩裕哉(龍谷大学)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です