上野 一磨

Kazuma UENO
任期制講師 / 博士(工学)
中京大学 工学部 電気電子工学科
E-mail  k-ueno@sist.chukyo-u.ac.jp
Google scholar

研究分野 電気推進工学、宇宙環境を利用した宇宙推進およびそのシステム
専門技術 プラズマ、高電圧、大電流パルス放電、真空技術(真空環境構築、真空環境実験)

担当授業歴 大学院:プラズマ工学セミナー
      学 部:電磁気学1・実習、電気回路1・実習、ディジタル回路とHDL、
          物理学実験、電気電子工学実験1、電気電子工学実験2、電気電子工学実験3、
          コンピュータ・リテラシー、Cプログラミング1、Cプログラミング1演習、Cプログラミング2、
          電気電子工学概論
      非常勤:コンピュータシステム工学(大同大)、入門コンピュータ(愛知東邦大学)、基礎コンピュータ(愛知東邦大学)、
          PC・ネットワーク入門(愛知東邦大学)、データリテラシー1(愛知東邦大学)

所属学会 日本航空宇宙学会、プラズマ・核融合学会、アメリカ航空宇宙学会(AIAA)

学歴
1999年3月 桐蔭学園高等学校普通科 卒業
2006年3月 東海大学 工学部 航空宇宙学科 卒業
2008年3月 東海大学大学院 工学研究科 航空宇宙学専攻 修士課程 修了
2011年3月 総合研究大学院大学 物理科学研究科 宇宙科学専攻 5年一貫制博士課程(3年次編入学) 修了、博士(工学)取得

教育研究業績(全156件,筆頭52件,その他3件)

<招待講演>(全5件, 筆頭5件)

  1. 上野一磨, 電気推進ロケット:大電力化と宇宙環境利用, 電子情報通信学会, 2019年1月29日, 香川.
  2. 上野一磨, 次世代通信衛星と宇宙電気推進, 東京工科大学大学院コンピュータサイエンス専攻, 2019年1月22日, 東京.
  3. Kazuma Ueno, Laboratory Experiment of Future Space Propulsion, The 2018 IEEE Workshop on Nonlinear Circuit Networks, Tokushima, December 7-8, 2018.
  4. 上野一磨, 大電力パルス放電技術を用いた宇宙電気推進の実験研究, 電子情報通信学会, 2018年11月9日, 大分.
  5. 上野一磨, 大塩裕哉, 船木一幸, 山川宏, 太陽系内高速飛翔を目指した磁気プラズマセイル推進機の研究, Plasma Conference 2014, 19aD2-2, 11, 18-21, 2014 新潟.

<紀要>(全1件, 筆頭1件)

  1. 上野一磨, 村中崇信, 衛星通信を題材とした小学生向け宇宙教育教材の開発および実践, 中京大学工学部テクニカルレポート, No.2019-12-01, pp.1-8, 2019年12月.

<査読付き論文>(全17件, 筆頭6件)

  1. T. Muranaka, T. Nagata, H. Nagai, K. Ueno, T. Okumura, Y. Ohkawa, Preliminary Study on De-orbiting Large-scale Debris using a Charged Membrane in Low Earth Orbit, 2020. (Submitted)
  2. J. Perez, T. Sugai, W. Jiang, A. Tokuchi, M. Horie, Y. Ohshio, K. Ueno, High current pulse forming network switched by static induction thyristor, Matter and Radiation at Extremes, Vol.3 (5), 2018, pp.261-266, DOI:0.1016/j.mre.2018.04.001.
  3. Yuki Murayama, Kazuma Ueno, Yuya Oshio, Hideyuki Horisawa, Ikkoh Funaki, Preliminary results of magnetic field measurements on multi-coil magnetic sail in laboratory experiment, Vol. 167, September 2018, pp.509-513, Vacuum, DOI:10.1016/j.vacuum.2018.05.004.
  4. K. Nishiyama, S. Hosoda, K. Ueno, R. Tsukizaki, H. Kuninaka, Development and Testing of the Hayabusa2 Ion Engine System, Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sections, Aerospace Technology Japan, Vol.14, 2016, No. ists30, p.Pb_131-Pb_140.
  5. Y. Oshio, K. Ueno, I. Funaki, H. Yamakawa, Thrust Measurement of Magnetoplasma Sail in Laboratory Experiment, Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Aerospace Technology Japan, Vol.12, 2014, No. ists29, p.Pb_45-Pb_51, DOI: 10.2322/tastj.12.Pb_45.
  6. K. Ueno, Y. Oshio, I. Funaki and H. Yamakawa., Experimental Simulation of Magnetoplasma Sail for Thrust Measurement, Fusion Science and Technology, Vol.63, No.1T, 2013, pp.392-394.
  7. Kazuma Ueno, Yuya Oshio, Ikkoh Funaki, Hideyuki Horisawa, and Hiroshi Yamakawa, Thrust Measurement of Magnetic Sail for Various Tilt Angles, Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Aerospace Technology Japan, Vol.10, 2012, pp.Tb_13-Tb_16, DOI:10.2322/tastj.10.Tb_13.
  8. Oshio, Y., Ueno, K., and Funaki, I., Plume Characteristics of a Quasi-steady Magnetoplasmadynamic Arcjet, IEEE Transactions on Plasma Science, Vol.40, No. 12, 2012, pp.3520-3527, DOI:10.1109/TPS.2012.2218109.
  9. Yoshihiro Kajimura, Ikkoh Funaki, Masaharu Matsumoto, Iku Shinohara, Hideyuki Usui, Kazuma Ueno, Yuya Oshio, And Hiroshi Yamakawa, 3D Hybrid Simulation of Pure Magnetic Sail on Ion Inertial Scale in Laboratory, Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Aerospace Technology Japan, Vol.10, 2012, pp.Pb_19-Pb_25, DOI:10.2322/tastj.10.Pb_51.
  10. 上野一磨, 大塩裕哉, 船木一幸, 堀澤秀之, 山川宏, 磁気セイルの推力特性に関する実験研究, 日本航空宇宙学会論文集, Vol.59 (2011) pp.229-235, DOI:10.2322/jjsass.59.229.
  11. 大塩裕哉, 上野一磨, 船木一幸, 準定常MPDアークジェットプルームの非定常特性, 日本航空宇宙学会論文集, Vol. 59 (2011) pp.70-75, DOI:10.2322/jjsass.59.70.
  12. Yoshihiro Kajimura, Kazuma Ueno, Ikkoh Funaki, Hideyuki Usui, Masanori Nunami, Iku Shinohara, Masao Nakamura and Hiroshi Yamakawa: 3D Hybrid Simulation of Pure Magnetic Sail Including Ion-Neutral Collision Effect in Laboratory, Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Aerospace Technology Japan, Vol. 8, (2010) pp.Pb_19-Pb_25, DOI:10.2322/tastj.8.Pb_19.
  13. Yoshihiro Kajimura, Hideyuki Usui, Ikkoh Funaki, Kazuma Ueno, Masanori Nunami, Iku Shinohara, Masao Nakamura, Hiroshi Yamakawa, Hybrid Particle-in-Cell Simulations of Magnetic Sail in Laboratory Experiment, Journal of Propulsion and Power, Vol.26, No.1, 2010, pp.159-166, DOI: 10.2514/1.45096.
  14. Kazuma Ueno, Toshiyuki Kimura, Tomohiro Ayabe, Ikkoh Funaki, Hiroshi Yamakawa and Hideyuki Horisawa, Thrust Measurement of Pure Magnetic Sail, Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Space Technology Japan, Vol. 7, No. ists26, pp.Pb_65-Pb_69, 2009, DOI:10.2322/tstj.7.Pb_65.
  15. Kazuma Ueno, Tomohiro Ayabe, Ikkoh Funaki, Hideyuki Horisawa and Hiroshi Yamakawa, Imaging of Plasma Flow around Magnetoplasma Sail in Laboratory Experiment, Journal of Plasma and Fusion Research SERIES, Vol.8, pp.1585-1589, 2009.
  16. Ueno, K., Funaki, I., Kimura, T., Horisawa, H., and Yamakawa, H., Thrust Measurement of Pure Magnetic Sail using the Parallelogram-pendulum Method, Journal of Propulsion and Power, Vol.25, No.2, 2009, pp.536-539, DOI: 10.2514/1.39211.
  17. I. Funaki, K. Ueno, H. Yamakawa, Y. Nakayama, T. Kimura, and H. Horisawa, Interaction between Plasma Flow and Magnetic Field in scale model experiment of Magnetic Sail, Fusion Science and Technology, Vol.51, No.2T, 2007, pp.226-228.

<国際学会>(全50件, 筆頭15件)

  1. Y. Murayama, K. Ueno, Y. Oshio, M. Horie, H. Horisawa, I. Funaki, Relationship of Current Distribution of Magnetopause and Thrust Characteristics in Multipole Magnetic Sail, 2020 AIAA Propulsion and Energy Forum, AIAA-2020-3634, August 24-28, Online, 2020.
  2. Y. Murayama, K. Ueno, Y. Oshio, M. Horie, H. Horisawa and I. Funaki, Plasma Plume Characteristics of Cluster Operation of Self-Field Magnetoplasmadynamic Thruster, 36th International Electric Propulsion Conference, IEPC-2019-A870, September 15-20, Vienna, 2019.
  3. T. Muranaka, R. Hattori, H. Nagai, M. Isaka, K. Ueno, S. Hosoda, K. Nishiyama, Estimation of Erosion Rate for Surface Material on HAYABUSA2 by Measurement of Backflow Ions from 10-cm-class Ion Thruster, 36th International Electric Propulsion Conference, IEPC-2019-A337, September 15-20, Vienna, 2019.
  4. Kazuma Ueno, Shunsuke Otsuka, Yui Sakata, Kyotaro Daito, Development of a small MPD arcjet for Future High-Power Space Propulsion, 2nd Asia-Pacific Conference on Plasma Physics, BP-35, November 11-12, Kanazawa, 2018.
  5. K. Ueno and S. Otsuka, Development of a Small-seized SF-MPD Thruster, 32nd International Symposium on Space Technology and Science, 2019-b-044, June 15-21, Fukui, 2019.
  6. Y. Murayama, K. Ueno, Y. Oshio, H. Horisawa and I. Funaki, Evaluation of Magnetospheric Structure Around Multi-pole Magnetic Sail in Scale Model Experiment, 32nd International Symposium on Space Technology and Science, 2019-b-078, June 15-21, Fukui, 2019.
  7. A. Takasu, Y. Yamashita, N. Iwata, H. Yoshida, M. Isaka, Y. Tani, H. Nagai, K. Ueno, S. Hosoda, K. Nishiyama and T. Muranaka, Measurement of Plasma Plume Potential to Evaluate Backflow Energy of Ions from Ion Thruster, 32nd International Symposium on Space Technology and Science, 2019-b-095p, June 15-21, Fukui, 2019.
  8. T. Muranaka, T. Nagata, H. Nagai and K. Ueno, Preliminary Study on De-orbiting Large-scale Debris using a Charged Membrane in Low Earth Orbit, 32nd International Symposium on Space Technology and Science, 2019-r-46p, June 15-21, Fukui, 2019.(Poster Prize)
  9. T. Muranaka, R. Hattori, H. Nagai, M. Isaka, K. Ueno, S. Hosoda and K. Nishiyama, Erosion Rate Estimation on HAYABUSA2 Surface Material by Measurement of Backflow Ions from Ion Thruster, 32nd International Symposium on Space Technology and Science, 2019-b-033, June 15-21, Fukui, 2019.
  10. Yuki Murayama, Kazuma Ueno, Yuya Oshio, Hideyuki Horisawa, Ikkoh Funaki, Laboratory Experiment of Magnetoplasma Sail for Future Deep Space Missions, 2nd Asia-Pacific Conference on Plasma Physics, A-O28, November 11-12, Kanazawa, 2018.
  11. Takanobu Muranaka, Kazuma Ueno, Ryota Hattori, Hiroki Nagai, Mitsuhiro Isaka, Satoshi Hosoda and Kazutaka Nishiyama, Measurements of Backflow Ions from Ion Thruster for Evaluation of Surface Erosion on HAYABUSA2, The 15th Spacecraft Charging Technology Conference, P-B-12, Kobe, 25-29 June 2018.
  12. Ryota Hattori, Hiroki Nagai, Kazuma Ueno, Satoshi Hosoda, Kazutaka Nishiyama and Takanobu Muranaka, Energy Measurement of Backflow Ions from Ion Thruster for Estimation of Erosion Rate on HAYABUSA2 Surface Material, The 15th Spacecraft Charging Technology Conference, P-B-13, Kobe, 25-29 June 2018.
  13. Mitsuhiro Isaka, Hiroki Nagai, Ryota Hattori, Kazuma Ueno, Satoshi Hosoda, Kazutaka Nishiyama and Takanobu Muranaka, Current Measurement of Backflow Ions from Ion Thruster for Estimation of Erosion Rate on HAYABUSA2 Surface Material, The 15th Spacecraft Charging Technology Conference, P-B-14, Kobe, 25-29 June 2018.
  14. Y. Murayama, M. Ohata, K. Ueno, Y. Oshio, H. Horisawa, I. Funaki, Preliminary Results of Magnetic Field Measurements on Multi-coils Magnetic Sail in Laboratory Experiment, 11th International Symposium on Applied Plasma Science, P1-1-1, September 11-15, Warsaw, Poland, 2017.(査読有り)
  15. K. Ueno, Y. Oshio, I. Funaki, H. Yamakawa, Multi-Coil Magnetic Sail Experiment in Laboratory, 30th ISTS, 2017-b-39, Matsuyama, June 2017.
  16. Y. Oshio, I. Funaki, K. Ueno, H. Yamakawa, Experimental Investigation of Magnetoplasma Sail with High Beta Plasma Jet, AIAA-2014-3959, AIAA Propulsion and Energy, Cleveland, July 28-30, 2014.
  17. K. Ueno, M. Horie, Y. Oshio, I. Funaki and H. Yamakawa, An Experimental Study on the Forces of Magnetic Sail, Asian Joint conference on Propulsion and Power 2014, AJCPP-2014-184, Jeju, March 5-8, 2014.
  18. Y. Oshio, K. Ueno, I. Funaki and H. Yamakawa, Experimental Investigation of Thrust Characteristics of Magnetoplasma Sail, 33rd International Electric Propulsion Conference, IEPC-2013-160, Washington, October 6-10, 2013.
  19. Y. Kajimura, I. Funaki, I. Shinohara, K. Ueno, Y. Oshio, H. Yamakawa, Numerical Simulation of Plasma Flow around a Magnetized Plasma Sail with a magnetic Nozzle, 2013 Asia-Pacific Radio Science Conference (AP-RASC’13), HGb-3, Taipei, Taiwan, 2013.
  20. Ikkoh Funaki, Yoshihiro Kajimura, Hiroyuki Nishida, Hiraku Arita, Yasumasa Ashida, Hiroshi Yamakawa, Yuya Oshio, Kazuma Ueno, Haruhito Yamamura, and Yoshiki Yamagiwa, Magnetoplasma Sail with Equatorial Ring-current, AIAA 2013-3878, 49th AIAA/ASME/SAE/ASEE Joint Propulsion Conference & Exhibit, San Jose, July 2013.
  21. Yuya Oshio, Kazuma Ueno, Ikkoh Funaki, Hiroshi Yamakawa, Thrust Measurement of Magnetoplasma Sail in Laboratory Experiment, 29th ISTS, 2013-b-05, Nagoya, June 2-9, 2013.
  22. Yoshihiro Kajimura, Ikkoh Funaki, Kazuma Ueno, Yuya Oshio, Hiroshi Yamakawa, Thrust Performance of a Magneto Plasma Sail with a Magnetic Nozzle, 29th ISTS, 2013-b-06, Nagoya, June 2-9, 2013.
  23. Kazuma Ueno, Yuya Oshio, Ikkoh Funaki, Hiroshi Yamakawa, Development of Magnetoplasmadynamic Solar Wind Simulator for Magnetoplasma Sail Experiment, 29th ISTS, 2013-b-46, Nagoya, June 2-9, 2013.
  24. I. Funaki, Y. Kajimura, H. Nishida, Y. Ashida, K. Ueno, Y. Oshio, I. Shinohara and H. Yamakawa, Spacecraft Propulsion using the Solar Wind: Numerical Simulation and Experimental Simulation in Laboratory, 22nd International Toki Conference, P4-36, Toki, Nov. 2012.
  25. Oshio, Y. and Ueno, K., and Funaki, I., Experimental Investigation of Magnetoplasma Sail: Magnetosphere Inflation by Equatorial Ring Current, 32nd International Electric Propulsion Conference, IEPC-2011-186, Wiesbaden, Germany, Sept.11-15, 2011.
  26. Ueno, K., Oshio, Y., Funaki, I., and Yamakawa, H., Thrust Characteristics of Pure Magnetic Sail for Various Attack Angles in Laboratory Experiment, 32nd International Electric Propulsion Conference, IEPC-2011-296, Wiesbaden, Germany, Sept.11-15, 2011.
  27. Yuya Oshio, Kazuma Ueno, and Ikkoh Funaki, The Dynamic Behavior of Magnetic Sails in Laboratory, 47th AIAA/ASME/SAE/ASEE Joint Propulsion Conference & Exhibit, San Diego, California, July31-Aug.3, 2011.
  28. Y. Oshio, K. Ueno, and I. Funaki, Plume Characteristics of a Quasi-steady Magnetpolasmadynamic Arcjet, 42nd AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference in conjunction with the 18th International Conference on MHD Energy Conversion (ICMHD), Hawaii, June 2011.
  29. Yoshihiro Kajimura, Ikkoh Funaki, Iku Shinohara, Hideyuki Usui, Kazuma Ueno, Yuya Ooshio, Masaharu Matsumoto, Hiroshi Yamakawa, 3D Hybrid Simulation of Pure Magnetic Sail in the Ion Inertial Scale in Laboratory, 28th International Symposium on Space Technology and Science, 2011-b-55, Okinawa, June6-10, 2011.
  30. Kazuma Ueno, Yuya Oshio, Ikkoh Funaki, Hideyuki Horisawa, Hiroshi Yamakawa, Thrust Measurement of Magnetic Sail for Various Tilt Angles, 28th International Symposium on Space Technology and Science, 2011-b-56, Okinawa, June6-10, 2011.
  31. Yuya Oshio, Kazuma Ueno, Ikkoh Funaki, Development of a High-Speed Thrust Measurement System, 28th International Symposium on Space Technology and Science, 2011-b-68p, Okinawa, June6-10, 2011.
  32. Ikkoh Funaki, Hiroshi Yamakawa, Yoshihiro Kajimura, Kazuma Ueno, Yuya Oshio, Hiroyuki Nishida, Hideyuki Usui, Masaharu Matsumoto, and Iku Shinohara, Experimental and Numerical Investigations on the Thrust Production Process of Magnetoplasma Sail, AIAA-2010-6773, 46th AIAA/ASME/SAE/ASEE Joint Propulsion Conference and Exhibit, Nashville, TN, July 25-28, 2010.
  33. Ikkoh Funaki, Kazuma Ueno, Yuya Oshio, Hideyuki Horisawa, Hiroshi Yamakawa, Plasma Wind Tunnel for Plasma Sail Experiments, Asian Joint Conferences on Propulsion and Power, AJCPP2010-135, Miyazaki, Mar.4-6, 2010.
  34. K. Ueno, I. Funaki, T. Ayabe, Y. Oshio, H. Horisawa, Evaluation of Magnetic Field Interacted with Plasma Flow in Pure Magnetic Sail Scale Model, 7th International Symposium on Applied Plasma Science, Aug.31-Setp.4, Hamburg, 2009 (Advanced in Applied Plasma Science, Vol.7, 2009, pp.107-110).(査読有り)
  35. Yuya Oshio, Kazuma Ueno, Ikkoh Funaki, Fluctuation of magnetosphere in scale-model experiment of magnetic sail, IEPC-2009-09, 31st International Electric Propulsion Conference, Ann Arbor, Sept.20-24, 2009.
  36. K. Ueno, I. Funaki, Y. Oshio, H. Horisawa, and H. Yamakawa, Thrust Characteristics of Pure Magnetic Sail in Laboratory Experiment, IEPC-2009-11, 31st International Electric Propulsion Conference, Ann Arbor, Sept.20-24, 2009.
  37. I. Funaki, K. Ueno1 and Y. Oshio, T. Ayabe H. Horisawa, H. Yamakawa, Laboratory Facility for Simulating Magnetoplasma Sail, 45th AIAA/ASME/SAE/ASEE Joint Propulsion Conference & Exhibit, AIAA 2009-5451, Aug.5, Denver, 2009.
  38. Yuya Oshio, Ikkoh Funaki, Kazuma Ueno, Tomohiro Ayabe, The Dynamic Behaviour of a Magnetic Sail in Laboratory, 27th International Symposium on Space Technology and Science, 2009-b-39, Tsukuba, July 5-10, 2009.
  39. Yoshihiro Kajimura, Kazuma Ueno, Ikkoh Funaki, Hideyuki Usui, Masanori Nunami, Iku Shinohara, Masao Nakamura, Hiroshi Yamakawa, 3D Hybrid Simulation of Pure Magnetic Sail including Ion-Neutral Collision Effect in Laboratory, 27th International Symposium on Space Technology and Science, 2009-b-40, Tsukuba, July 5-10, 2009.
  40. Kazuma Ueno, Tomohiro Ayabe, Yuya Oshio, Ikkoh Funaki, Hideyuki Horisawa, Hiroshi Yamakawa, Characterization of Magnetoplasma Sail in Laboratory, 27th International Symposium on Space Technology and Science, 2009-b-42, Tsukuba, July 5-10, 2009.
  41. K. Ueno, T. Ayabe, I. Funaki, H. Horisawa and Hiroshi Yamakawa, Imaging of Plasma Flow Around Magnetoplasma Sail in Laboratory Experiment, EPR-P3-206, International Congress on Plasma Physics 2008, Fukuoka, Sept. 2008 (to be appear on Journal of Plasma and Fusion Research Series).
  42. I. Funaki, K. Ueno, Y. Oshio, T. Ayabe, H. Horisawa, and H. Yamakawa, Laboratory Facility for Simulating Solar Wind Sails, 26th International Symposium on Rarefied Gas Dynamics, 26225, Kyoto, July 2008 (AIP Conference Proceedings, Vol. 1084, 2009, pp.754-759).(査読有り)
  43. K. Ueno, I. Funaki, T. Kimura, T. Ayabe, H. Yamakawa, and H. Horisawa., Laboratory Simulation of Magnetoplasma Sail, AIAA-2008-4820, 44th AIAA/ASME/SAE/ASEE Joint Propulsion Conference & Exhibit, Hartford, 2008.
  44. K. Ueno, T. Kimura, T. Ayabe, I. Funaki, H. Yamakawa, and H. Horisawa, Thrust Measurement of Pure Magnetic Sail, 26th International Symposium on Space Technology and Science, Hamamatsu, 2008-b-05, June 2008.
  45. Ikkoh Funaki, Hiroshi Yamakawa, Kazuma Ueno, Toshiyuki Kimura, Tomohiro Ayabe, and Hideyuki Horisawa, Scale-model experiment of magnetoplasma sail for future deep space missions, 5th International Symposium on Beamed Energy Propulsion (ISBEP 5), Hawaii, Nov.2007 (AIP Conference Proceedings, Vol. 997, 2008, pp.553-560).
  46. Ikkoh Funaki, Toshiyuki Kimura, Kazuma Ueno, Hideyuki Horisawa, Hiroshi Yamakawa, Yoshihiro Kajimura, Hideki Nakashima and Yukio Shimizu, Laboratory Experiment of Magnetoplasma Sail, Part 2: Magnetic Field Inflation, IEPC-2007-94, 30th International Electric Propulsion Conference, Florence, 2007.
  47. Kazuma Ueno, Toshiyuki Kimura, Ikkoh Funaki, Hideyuki Horisawa and Hiroshi Yamakawa, Laboratory Experiment of Magnetoplasma Sail, Part 1: Pure Magnetic Sail, IEPC-2007-61, 30th International Electric Propulsion Conference, Florence, 2007.
  48. I. Funaki, K. Ueno, T. Kimura, H. Horisawa, and H. Yamakawa, Scale- Model Experiment of Magnetoplasma Sail : Preliminary Results, AIAA-2007-5857, 43rd AIAA/ASME/SAE/ASEE Joint Propulsion Conference & Exhibit, July 2007, Cincinnati.
  49. K. Ueno, I. Funaki, Y. Shimizu, H. Yamakawa, T. Kimura and H. Horisawa, Interaction between Plasma Flow and Magnetic Field in scale model experiment of Magnetic Sail, 6th International Conference on Open Magnetic Systems for Plasma Confinement, 19P04, July 2006, Tsukuba, Japan.
  50. I. Funaki, H. Yamakawa, Y. Shimizu, Y. Nakayama, H. Horisawa, K. Ueno, and T. Kimura, Experimental Simulation of Magnetic Sails, 42nd AIAA/ASME/SAE/ASEE Joint Propulsion Conference & Exhibit, Sacramento, AIAA-2006-5227, July 2006.

<国内学会>(全83件, 筆頭25件)

  1. 上野一磨, 大塚俊輔, 村中崇信, 奥村哲平, 大川恭志, 宇宙デブリの軌道遷移を実現する薄膜帯電セイルの抗⼒測定地上実験, 第64回宇宙科学技術連合講演会, 2J13, 2020年10月27-30日, オンライン.
  2. 大塚俊輔, 上野一磨, 村中崇信, 2cm級⾃⼰誘起磁場型MPDスラスタにおける⻑時間パルス作動及びプルーム特性, 第64回宇宙科学技術連合講演会, 2M15, 2020年10月27-30日, オンライン.
  3. 村中崇信,奥村哲平, 上野一磨, 大塚俊輔, 大川恭志, 帯電薄膜を利⽤した抗⼒増⼤装置によるスペースデブリ除去技術の開発研究, 第64回宇宙科学技術連合講演会, 2J10, 2020年10月27-30日, オンライン.
  4. 上野一磨, 岩田尚樹, 大塚俊輔, 村中崇信, 奥村哲平, 大川恭志, 帯電薄膜を利用したデブリ除去システム用抗力計測装置の開発, 第63回宇宙科学技術連合講演会, 2J15, 2019年11月6-8日, 徳島.
  5. 村山裕輝, 上野一磨, 大塩裕哉, 堀澤秀之, 船木 一幸, 複数コイル型磁気セイルの磁気圏構造と推力の関係, 第63回宇宙科学技術連合講演会, 1I04, 2019年11月6-8日, 徳島.
  6. 村中崇信, 高須敦也, 山下祐介, 岩田尚樹, 吉田拓人, 伊阪光博, 谷義隆, 永井宏樹, 上野一磨, 細田聡史, 西山和孝, 10cm級マイクロ波放電式イオンスラスタの逆流イオンエネルギー評価に向けたプルーム電位測定, 第63回宇宙科学技術連合講演会, 2D14, 2019年11月6-8日, 徳島.
  7. 吉田拓人, 伊阪光博, 高須敦也, 山下祐介, 岩田尚樹, 服部凌大, 上野一磨, 谷義隆, 細田聡史,西山和孝, 村中崇信, 10cm級マイクロ波放電式イオンスラスタの逆流イオン諸量に対する中和電子の影響, 第63回宇宙科学技術連合講演会, P13, 2019年11月6-8日, 徳島.
  8. 大塚俊輔, 坂田唯, 上野一磨, 自己誘起磁場を利用した宇宙用小型電磁プラズマ加速アークジェット推進機の初期実験, 2019年電子情報通信学会NOLTAソサイエティ大会, A-9, 2019年6月8日, 長岡.
  9. 村山裕輝, 上野一磨, 大塩裕哉, 堀澤 秀之, 船木一幸, 模擬太陽風プラズマ源の再構築と多磁極磁気プラズマセイル実験, 平成30年度宇宙科学に関する室内実験シンポジウム, 2019年2月28-3月1日, 相模原.
  10. 村中崇信, 伊阪光博, 吉田拓人, 服部凌大, 上野一磨, 山下裕介, 谷義隆, 細田聡史, 西山和孝, イオン推進器における逆流イオン諸量測定による太陽電池表面損耗評価, 平成30年度宇宙科学に関する室内実験シンポジウム, 2019年2月28-3月1日, 相模原.
  11. 村中崇信, 服部凌大, 永井宏樹, 伊阪光博, 上野一磨, 細田聡史, 西山和孝, 逆電位アナライザーを使用したイオンスラスタの逆流イオンによる宇宙機表面材料損耗評価, 平成30年度宇宙輸送シンポジウム, STEP-2018-004, 2019年1月17-18日,相模原.
  12. 伊阪光博, 谷義隆, 服部凌大, 永井宏樹, 上野一磨, 細田聡史, 西山和孝, 村中崇信, イオンスラスタμ10のビーム発散角測定, 平成30年度宇宙輸送シンポジウム, STEP-2018-012, 2019年1月17-18日,相模原.
  13. 上野一磨, 大塚俊輔, 坂田唯, 大東京太郎, 小型 MPD アークジェットの実験室実験, 第62回宇宙科学技術連合講演会, 2E01, 2018年10月24-26日, 久留米.
  14. 村山 裕輝, 上野 一磨, 大塩 裕哉, 堀澤 秀之, 船木 一幸, 地球周回・惑星間軌道以遠ミッションを想定した磁気セイルのスケールモデル実験のための検討, 第62回宇宙科学技術連合講演会, 1E22, 2018年10月24-26日, 久留米.
  15. 伊阪光博, 永井宏樹, 服部凌大, 上野一磨, 細田聡史, 西山和孝, 村中崇信, 宇宙機表面損耗評価に向けたイオンスラスタ周辺のイオン電流分布測定, 第62回宇宙科学技術連合講演会, P22, 2018年10月24-26日, 久留米.
  16. 服部 凌大, 永井 宏樹, 上野 一磨, 細田 聡, 西山 和孝, 村中 崇信, 逆電位アナライザーを用いたイオンスラスタの逆流イオンによる宇宙機表面材料損耗評価, 第62回宇宙科学技術連合講演会, P23, 2018年19月24-26日, 久留米.
  17. 永田拓雅,永井宏樹,上野一磨,村中崇信, 帯電薄膜を用いた地球周回混雑軌道における 大型デブリ除去に関する研究, 第62回宇宙科学技術連合講演会, P67, 2018年19月24-26日, 久留米.
  18. 上野一磨, 村山裕輝, 大塩裕哉, 船木一幸, 磁気プラズマセイルの推進性能向上に関する実験室実験, 平成29年度宇宙科学に関する室内実験シンポジウム, 2018年2月26-27日, 相模原.
  19. 上野一磨, 中京大学におけるMPDアークジェット実験環境の構築, 第61回宇宙科学技術連合講演会, 2E08, 2017年10月25-27日, 新潟.
  20. 村山裕輝, 上野一磨, 大塩裕哉, 堀澤秀之, 船木一幸, 複数コイル型磁気セイルの磁気圏境界面磁場計測, 第61回宇宙科学技術連合講演会, 3E09, 2017年10月25-27日, 新潟.
  21. 林祐月, 服部凌大, 永井宏樹, 山下晴巳, 上野一磨, 村中崇信, スペースプラズマチャンバにおけるプラズマ電位計測に向けたエミッシブプローブの開発, 平成29年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大講演会, Po2-8, 平成29年度9月7-8日, 名古屋.
  22. 久富達也, 永井宏樹, 服部凌大, 上野一磨, 村中崇信, 高背圧下でのプラズマ放電によるオーロラの再現実験, 平成29年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大講演会, Po2-9, 平成29年度9月7-8日, 名古屋.
  23. 竹本平良, 永田拓雅, 上野一磨, 村中崇信, 中京大学における衛星通信地上設備の構築, 平成29年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大講演会, Po2-14, 平成29年度9月7-8日, 名古屋.
  24. 上野一磨, 大畠真, 村山裕輝, 大塩裕哉, 船木一幸, 先端プラズマ推進チャンバを利用した磁気プラズマセイル実験, 平成28年度宇宙科学に関する室内実験シンポジウム, 2017年2月26-27日, 相模原.
  25. 上野一磨, 堀江優之, 大塩裕哉, 船木一幸, 複数コイル型磁気セイルの推力計測, 第60回宇宙科学技術連合講演会, 4I15, 2016年9月6-9日, 函館.
  26. 服部凌大, 永井宏樹, 伊阪光博, 細田聡史, 上野一磨, 村中崇信, 中京大学における宇宙プラズマ環境実験装置の開発:低軌道模擬環境における超小型衛星ミニチュアモデル周囲のプラズマ計測, 第60回宇宙科学技術連合講演会, P49, 2016年9月6-9日, 函館.
  27. 永田拓雅, 竹本平良, 小久保祐哉, 上野一磨, 村中崇信, 中京大学における衛星通信地上設備の構築, 第60回宇宙科学技術連合講演会, P66, 2016年9月6-9日, 函館.
  28. 大塩裕哉, 上野一磨, 堀江優之, 船木一幸, MPDアークジェットを用いたプラズマ風洞のプラズマ流計測, 第46回流体力学講演会/第32回航空宇宙シミュレーション技術シンポジウム, 2E15, 2014年7月, 弘前.
  29. 上野一磨, 堀江優之, 大塩裕哉, 船木一幸, 大口径模擬太陽風と磁気プラズマセイルの実験, 平成25年度スペースプラズマ研究会, 2014年2月27-28日, 相模原.
  30. 堀江優之, 上野一磨, 大塩裕哉, 江偉華, 船木一幸, 山川宏, 大口径模擬太陽風プラズマの高速・高密度化と磁気セイル実験, 平成25年度宇宙輸送シンポジウム, STEP-2013-003, 2014年1月16-17日, 相模原.
  31. 大塩裕哉, 上野一磨, 船木一幸, 山川宏, プラズマ噴射による磁気プラズマセイルの推力増加の実験的研究, 平成25年度宇宙輸送シンポジウム, STEP-2013-004, 2014年1月16-17日, 相模原.
  32. 西山和孝, 細田聡史, 上野一磨, 月崎竜童, 國中均, はやぶさ2用イオンエンジンの開発状況, 平成25年度宇宙輸送シンポジウム, STEP-2013-023, 2014年1月16-17日, 相模原.
  33. 船木一幸, 上野一磨, 大塩裕哉, 山川宏, パルス高密度プラズマジェットによる太陽風帆の実験研究, PST-13-057/PPT-13-042/ED-13-047, プラズマ・パルスパワー・放電合同研究会, 2013年5月16-17日, 長岡.
  34. 細田 聡史, 西山 和孝, 上野 一磨, 國中 均, はやぶさ後継機搭載用マイクロ波イオンエンジンの開発, 第53回航空原動機・宇宙推進講演会, JSASS-2013-0006, 2013年3月4-5日, 倉敷.
  35. 梶村好宏, 船木一幸, 篠原育, 上野一磨, 臼井英之, 山川宏, 3次元ハイブリッド粒子モデルおよび地上実験による磁気セイルの推力評価, 第53回航空原動機・宇宙推進講演会, JSASS-2013-0076, 2013年3月4-5日, 倉敷.
  36. 大塩裕哉, 上野一磨, 船木一幸, 地上実験での磁気プラズマセイルの推力計測試験, 第53回航空原動機・宇宙推進講演会, JSASS-2013-0077, 2013年3月4-5日, 倉敷.
  37. 上野一磨, 船木一幸, 大塩裕哉, 山川宏, 磁気セイルに発生するトルクの実験的評価, 第53回航空原動機・宇宙推進講演会, JSASS-2013-0078, 2013年3月4-5日, 倉敷.
  38. 上野一磨, 大塩裕哉, 堀江優之, 船木一幸, 磁気プラズマセイルおよび磁気セイルの実験室実験, スペースプラズマ研究会, 相模原, 2013年2月26-27日.
  39. 上野一磨, 大塩裕哉, 堀江優之, 船木一幸, 山川宏, 磁気プラズマセイルスケールモデルの推力評価実験, 平成24年度宇宙輸送シンポジウム, STEP-2012-014, 2013年1月17-18日, 相模原.
  40. 細田 聡史, 西山 和孝, 上野 一磨, 國中 均, はやぶさ2用イオンエンジンの開発状況, 平成24年度宇宙輸送シンポジウム, STEP-2012-067, 2013年1月17-18日, 相模原.
  41. 船木一幸, 梶村好宏, 芦田康将, 西田浩之, 山村治人, 山極芳樹, 大塩裕哉, 上野一磨, 篠原育, 堀江優之), 山川宏, プラズマセイルの数値シミュレーションならびに実験室シミュレーション, 宇宙科学シンポジウム, P2-142, 2013年1月7-8日, 相模原.
  42. 服部盛正, 嶋津悠介, 手塚亜聖, 高橋裕介, 永田靖典, 上野一磨, 山田和彦, 安部隆士, 膨張波管を用いた高エンタルピー流れにおける電磁シールド効果の検証, 平成24年度宇宙航行の力学シンポジウム, 2013年12月13-14日, 相模原.
  43. 上野一磨, 大塩裕哉, 船木一幸, 山川 宏, 実験室モデルを用いた磁気セイルに生じるトルクの計測, 第56回宇宙科学技術連合講演会, 3J16, 別府, 2012年11月.
  44. 大塩裕哉, 上野一磨, 船木一幸, 大口径プラズマ流生成のための3台同時駆動準定常MPDアークジェットの開発, 第44回流体力学講演会/航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム2012, 1D01, 富山, 2012年7月5-6日.
  45. 大塩裕哉, 上野一磨, 矢守章, 船木一幸, 堀澤秀之, 山川宏, MPD アークジェットを用いた磁気プラズマセイルのシミュレーション実験, 平成23年度スペースプラズマ研究会, 2012年2月, 相模原.
  46. 上野一磨, 大塩裕哉, 船木一幸, 山川宏, 磁気プラズマセイル地上実験での推力計測, 平成23年度宇宙輸送シンポジウム, STEP-2011-009, 2012年1月, 相模原.
  47. 上野一磨, 大塩裕哉, 船木一幸, 堀澤秀之, 山川宏, イオンスケール磁気セイルの推力特性評価実験, 第55回宇宙科学技術連合講演会, 1K03, 2011年11月-12月, 松山.
  48. 上野一磨, 大塩裕哉, 矢守章, 船木一幸, 磁気プラズマセイルのスケールモデル実験, 平成22年度スペースプラズマ研究会, 相模原, 2011年3月.
  49. 大塩裕哉, 上野一磨, 船木一幸, 準定常MPDアークジェットの下流領域のプルーム特性, JSASS-2011-0041, 第51回航空原動機・宇宙推進講演会, 広島, 2011年3月.
  50. 大塩裕哉, 上野一磨, 船木一幸, 磁気セイル磁気圏における電流分布計測, STEP-2010-017, 平成22年度宇宙輸送シンポジウム, 2011年1月, 相模原.
  51. 梶村好宏, 船木一幸, 篠原育, 松本正晴, 上野一磨, 大塩裕哉, 臼井英之, 3次元ハイブリッド粒子シミュレーションによるプラズマセイルの推進性能評価, 宇宙科学シンポジウム, P3-208, 相模原, 2011年1月.
  52. 船木一幸, 山川宏, 杉田寛之, 中村武恒, 石村康生, 西田浩之, 梶村好宏, 大津広敬, 山本直樹, 山極芳樹, 篠原育, 小嶋浩嗣, 森高外征雄, 臼井英之, 沼波政倫, 藤田和央, 松本正晴, 小川博之, 坪井伸幸, 上野一磨, 大塩裕哉, 堀澤秀之, 向井祐利, 小山友一, 芦田康将, 中村雅夫, プラズマセイル飛翔実験機の研究と実験室シミュレーション, 宇宙科学シンポジウム, P3-207, 相模原, 2011年1月.
  53. 上野一磨, 大塩裕哉, 船木一幸, 堀澤秀之, 山川宏, イオンスケール磁気プラズマセイルの推力予測実験, 第54回宇宙科学技術連合講演会, 1B02, 静岡, 2010年11月.
  54. 大塩裕哉, 上野一磨, 船木一幸, 準定常MPDアークジェットプルームの非定常特性, 第54回宇宙科学技術連合講演会, 1B08, 静岡, 2010年11月.
  55. 大塩裕哉, 上野一磨, 船木一幸, 惑星間磁場を印加した磁気セイルの磁気圏変動の動的現象, 第42回流体力学講演会/航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム2010, 1D8, 米子, 2010年6月.
  56. 大塩裕哉, 上野一磨, 船木一幸, 磁気セイル地上実験における磁気セイルの磁気圏変動の研究, 衝撃波シンポジウム, 18–P–09, 2010年3月17-19日, 埼玉大.
  57. 上野一磨, 大塩祐哉, 船木一幸, スペースサイエンスチャンバーを利用した磁気プラズマセイル実験, スペースプラズマ研究会, 2010年3月11-12日, 相模原.
  58. 大塩裕哉, 上野一磨, 船木一幸, 磁気セイル実験におけるイオンスケール磁気圏の動的現象, 平成21年度宇宙輸送シンポジウム, STEP-2009-45, 2010年1月14-15日, 相模原.
  59. 上野一磨, 大塩裕哉, 船木一幸, 堀澤秀之, 山川宏, 惑星間磁場を考慮した磁気セイルの模擬実験, 平成21年度宇宙輸送シンポジウム, STEP-2009-46, 2010年1月14-15日, 相模原.
  60. 船木一幸, 山川宏, 杉田寛之, 中村武恒, 石村康生, 西田浩之, 梶村好宏, 大津広敬, 山本直樹, 山極芳樹, 篠原育, 小嶋浩嗣, 臼井英之, 沼波政倫, 藤田和央, 松本正晴, 窪田健一, 小川博之, 坪井伸幸, 上野一磨, 大塩裕哉, 堀澤秀之, 向井祐利, 小山友一, 芦田康将, 中村雅夫, プラズマセイル飛翔実験機の研究, 第10回宇宙科学シンポジウム, P2-89, 2010年1月7-8日, 相模原.
  61. 大塩裕哉, 上野一磨, 船木一幸, 磁気セイルの磁気圏変動の実験的研究, 第53回宇宙科学技術連合講演会, 1K08, 京都大学, 2009年9月9-11日.
  62. 上野一磨, 船木一幸, 大塩裕哉, 堀澤秀之, 山川宏, 磁気セイル推力の実験的評価, 第53回宇宙科学技術連合講演会, 2L06, 京都大学, 2009年9月9-11日.
  63. 梶村好宏, 上野一磨, 船木一幸, 臼井英之, 沼波政倫, 篠原育, 中村雅夫, 山川宏, 3次元ハイブリッドコードを用いた磁気セイル地上実験の数値解析, 日本航空宇宙学会第40回年会講演会, B09, 調布, 2009年4月9日.
  64. 大塩裕哉, 船木一幸, 上野一磨, 綾部友洋, 堀澤秀之, 磁気セイル実験における磁気圏の動的現象, 日本航空宇宙学会第40回年会講演会, B14, 調布, 2009年4月9日.
  65. 上野一磨, 綾部友洋, 大塩裕哉, 船木一幸, 堀澤秀之, 磁気プラズマセイルの実験室実験, 平成20年度スペースプラズマ研究会, 相模原, 2009年3月.
  66. 綾部友洋, 上野一磨, 大塩裕哉, 船木一幸, 山川宏, 堀澤秀之, 磁気プラズマセイル磁気圏の実験的評価, 宇宙輸送シンポジウム, 2009年1月.
  67. 梶村好宏, 上野一磨, 船木一幸, 臼井英之, 沼波政倫, 篠原育, 山川宏, マグセイル推力測定実験とハイブリッド粒子モデルによる数値解析の比較, 宇宙輸送シンポジウム, 2009年1月.
  68. 船木一幸, 山川宏, 篠原育, 西田浩之, 梶村好宏, 大津広敬, 藤本智也, 山極芳樹, 小嶋浩嗣, 中村武恒, 臼井英之, 沼波政倫, 杉田寛之, 藤田和央, 秋田大輔, 小川博之, 坪井伸幸.上野一磨, 佐藤博紀, 大塩裕哉, 綾部友洋, 堀澤秀之, 佐々木大祐, 窪田健一, プラズマセイルWGの活動, 宇宙科学シンポジウム, P5-21, 2009年1月.
  69. 綾部友洋, 上野一磨, 木村俊之, 船木一幸, 堀澤秀之, 山川宏, 準定常MPDアークジェットを用いた磁気プラズマセイルの実験室実験, 第40回流体力学講会, 1D11, 仙台, 2008年6月.
  70. 船木一幸, 上野一磨, 木村俊之, 綾部友洋, 堀澤秀之, MPDアークジェットを用いた磁気プラズマセイルの実験室実験, スペースプラズマ研究会, 2008年3月, 相模原.
  71. 船木一幸, 上野一磨, 木村俊之, 堀澤秀之, 山川宏, 磁気プラズマセイルの実験室シミュレーション, プラズマ流の基礎と応用に関する研究会, 仙台, 2008年2月.
  72. 綾部友洋・上野一磨・木村俊之・堀澤秀之, 船木一幸, 山川宏, 磁気プラズマセイル磁気圏と太陽風プラズマ流の干渉実験, 衝撃波シンポジウム, 17-A-4-4, 2008年3月, 東京.
  73. 木村俊之, 上野一磨, 綾部友洋, 船木一幸, 山川宏, 堀澤秀之, 磁気プラズマセイル総合実験システムを用いた磁気インフレーション評価実験, 2007年度宇宙輸送シンポジウム, 2008年1月, 相模原.
  74. 上野一磨, 船木一幸, 木村俊之, 綾部友洋, 山川宏, 堀澤秀之, 磁気セイル推力特性に関する実験的研究, 2007年度宇宙輸送シンポジウム, 2008年1月, 相模原.
  75. 船木一幸, 上野一磨, 木村俊之, 堀澤秀之, 山川宏, 磁気プラズマセイルのスケールモデル実験, 科研費空力班シンポジウム, 2008年1月, 伊豆.
  76. 船木一幸, 山川宏, 篠原育, 西田浩之, 梶村好宏, 大津広敬, 藤本智也, 小嶋浩嗣, 臼井英之, 中村武恒, 小川博之, 杉田寛之, 藤田和央, 木村俊之, 上野一磨, 綾部友洋, 堀澤秀之, 南祐一郎, 佐々木大祐, 窪田健一, 佐藤博紀, 高速な深宇宙航行を目指した磁気プラズマセイル推進の研究開発, 2007年度宇宙科学シンポジウム, 2008年1月, P2-77, 相模原.
  77. 船木一幸, 上野一磨, 木村俊之, 綾部友洋, 堀澤秀之, 山川宏, 磁気プラズマセイルのスケールモデル実験, 宇宙関連プラズマ研究会2007, 2007年12月, 相模原.
  78. 木村俊之, 上野一磨, 船木一幸, 山川宏, 堀澤秀之, 磁気プラズマセイル総合実験システムによる磁気インフレーション評価, 2E17, 第51回宇宙科学技術連合講演会, 2007年10月, 札幌.
  79. 上野一磨, 船木一幸, 磁気セイルの推力計測, 第51回宇宙科学技術連合講演会, 2G01, 2007年10月, 札幌.
  80. 上野一磨, 木村俊之, 船木一幸, 堀澤秀之, 山川宏, 磁気プラズマセイル(MPS)地上シミュレータの構築, 平成18年度スペースプラズマ研究会, 2007年3月.
  81. 上野一磨, 木村俊之, 船木一幸, 堀澤秀之, 山川宏, MPS地上シミュレータの構築, 第47回航空原動機・宇宙推進講演会, A24, 姫路, 2007年3月.
  82. 上野一磨, 木村俊之, 船木一幸, 堀澤秀之, 山川宏, 磁気セイル周りのプラズマ診断, 平成18年度宇宙輸送シンポジウム, 2007年1月.
  83. 上野一磨, 木村俊之, 小嶋秀典, 船木一幸, 堀澤秀之, 清水幸夫, 山川宏, 磁気プラズマセイルシミュレータの構築, 平成17年度衝撃波シンポジウム, 2006年3月.

<その他>(全3件)

  1. 2014年4月:TV/ NHK:「プロフェッショナル仕事の流儀 國中均」出演
  2. 2012年2月:映画/東映:「はやぶさ 遙かなる帰還」エキストラ出演
  3. 2008年6月:ラジオ/日本放送: 「中川翔子のギザ・サイエンス」出演

以上